銭湯養生訓/神藤啓司

トップはじめにもくじ

はじめに.

家のお風呂にだけ入ってる人が危ない!

医師は強い体づくりのプロではない

体を鍛える入浴とリラックスする入浴の違い

家のお風呂じゃなぜだめなの?

成績のいいアスリートは熱いお風呂で鍛えている

銭湯が新しい役割を担って復活する気配を感じる

まずエアコンの生活から脱しよう

第1章 大都会の盲点! 銭湯が街の温泉と誰も気付かない理由

〈第1の盲点〉銭湯はお風呂のないアパート住まいの人が行くところ、という先入観

〈第2の盲点〉「ぬるめの半身浴が美容や健康にいい」の盲信

半身浴信仰の起源は?

冷やす「快楽」を覚えて体を弱くした日本人

〈第3の盲点〉健常者は熱くて深いお風呂で心臓に負担をかけろ

〈第4の盲点〉違いは「日常か非日常か」だけ

銭湯で感じるお湯の質を向上させる努力

〈第5の盲点〉欧米人の真似をする必要はな

第2章 天然温泉に匹敵する銭湯の深風呂の秘密

温泉と銭湯の入浴効果に差はなかった

温泉法から見える温泉の実態

銭湯の深風呂のお湯には つの特性がある

【Resistance・自然なゆらぎとリラクゼーション効果を生み出す「抵抗」】

【Buoyancy・「浮力」が無重力空間のように心身を解放してくれる】

【Hydrostatic Pressure・「水圧」が腹式呼吸を促し全身の血流を高める】

【Temperature・「湯の温度」は代謝と免疫力向上を左右する】

【 Quality・アクティブな「水質」が健康と美容をグレードアップする】

2種類の深風呂文化を次の世代に伝えよう

薬湯とはなにか

【漢方湯】

【和ハーブ湯】

【洋ハーブ湯】

【鉱物を使った湯】

水風呂は地下水に限る

銭湯の付属環境設備を大いに楽しもう

【露天風呂】

【スモールプール】

【ミストサウナ、打たせ湯など】ほか

家庭の風呂では味わえない銭湯の武器「アルファ波」の秘密

免疫力を高める「マイナスイオン」も銭湯ならではの資源

銭湯の湯船をアクティブにする様々な装置

目指せ平熱37度、そしてエアコン不要の生活

「ウチの常連に冷え性の人は一人もいません」

第3章 誰でもできる強い体づくりの銭湯入浴プログラム

週2回の銭湯フィットネス

銭湯へ来たら 回は湯船に浸かる

第1目標の42度は「少し熱い」お湯

体が強くなる決め手「ヒートショック・プロテイン」

銭湯には水深 を超す極深風呂もある

まず 段階入浴法をマスターしよう

銭湯の深風呂マスターの ステップ

【ステップ1】銭湯の深風呂の安全な入り方

【ステップ2】銭湯に入れるチャンスを増やす

【ステップ3】入浴体力をつける

【ステップ4】血流改善を意識する

【ステップ5】代謝を上げる

【ステップ6 】体温を上げる

【ステップ7】免疫力を高める

【ステップ8】銭湯の達人になる

【ステップ9】湯治レベルの入浴

銭湯体操で体を美しくシェイプアップ

【洗い場ウオーミングアップ】

【深風呂ストレッチ・深風呂体操】

【洗い場マッサージ】

第4章 現役アスリートの皆さんへ「銭湯はケアと修復の場所なのです」

試合に勝って銭湯へ、大人になった気分

ピッチャーだったおかげで入浴時間は5分伸びた

大学時代に銭湯の「深風呂」がコンディションづくりに役立つと直感!

こんぱる ゆ
群馬県から銀座 丁目の「金春湯」に通った実業団選手時代

銭湯が体メンテナンスの重要アイテムであることを発見

なぜ登板 日前の入浴がいいのか?

銭湯入浴以上に理想的なエクササイズはない

アスリートに週2回の銭湯ライフを勧める理由

アスリートの強い体づくりは5つの生活習慣の精度

付録 私が出会った銭湯のスペシャリストたち

非日常だった銭湯が、今では日常の楽しみに! ● 横田奈津子

銭湯は心身だけでなく家族関係までゆるやかにしてくれる ● 児島慎一

ヨガ&銭湯はとってもオシャレなリトリートのよう! ● 傳川紀子

まさかエステで銭湯を勧められるなんて! ● 中村寛子

銭湯トレーニングでチャンピオンを目指す ● 木村 悠

美と健康をつくる自然治癒力を発揮する銭湯 ● 岩崎厚子

私の施術を受ける人は半身浴の冷え性ばかり ● 佐藤 誠

ウォーキング後の銭湯でさらに美の効果が高まる ● 三好さゆり

「和醸良湯」が実感できた銭湯との出会い ● 上村 潤

銭湯で冷え性が治り、よく眠れるようになった ● 山見則子

初めてのビジネスの打ち合わせ場所が銭湯だった ● 植村昭雄

クレー射撃の地方遠征から銭湯は欠かせない場所になった ● 新井由可

あとがきにかえて 銭湯が元気になれば日本が変わるという予感