体がよろこぶ!「効く」漢方の正体

『最後の銭湯絵師 三十年の足跡を追う』
町田 忍

庶民文化研究家で当社刊『銭湯検定公式テキスト』の監修者でもある町田忍さんが、写真集『最後の銭湯絵師』を上梓します。

すでに10月13日に新宿・ロフトで開かれたトークショー「銭湯ナイト」で先行発売いたしましたが、20日頃からアマゾンや全国の書店でも発売になります。

内容紹介

現役の銭湯絵師はすでに2名のみ。今よみがえる消えた富士山ペンキ絵ほか、貴重な画150点以上を厳選して収録。廃業銭湯の貴重な背景画の記録も満載。

著者について

1950年東京目黒に生まれ、産湯は近所の銭湯だった。学生時代は1970年、返還前の沖縄へ。1972年、リュックに寝袋でヨーロッパ風来旅行。卒業後、警視庁麹町署に巡査として交番勤務。警視総監賞、署長章を受賞。その後、少年時代より収集してきた商品などを研究するために「庶民文化研究所」を設立。1980年頃より全国の銭湯巡りをスタートし、銭湯に関するあらゆる謎を研究、発表してきた。現在は執筆のほか、コラムニスト、コメンテーター、映画・テレビ・ラジオ出演、ドラマの時代考証も担当するなど、多方面で活躍中。主な著書に『銭湯へ行こう』(TOTO出版)『銭湯の謎』(扶桑社)写真集『銭湯遺産』(戎光祥出版)『納豆大全』(小学館)『蚊遣り豚の謎』(新潮社)『昭和レトロ博物館』(角川書店)『戦時広告図鑑』(WAVE出版)など。現在、(社)日本銭湯文化協会理事。浅草資料館「30坪の秘密基地」名誉館長。


定価2,500円+税



様々な分野の知識を集約した WEB サイト「知識の杜」がスタートしました。

http://chishikinomori.com/

当社ではこのサイト内の「生活の森」で「銭湯の木」を、「健康の森」のなかで「ア ロマテラピーの木」と「漢方の木」をそれぞれリリースしています。それぞれの木を これから徐々に成長させていきますが、現在は「銭湯博士検定」「アロマテラピー博 士検定」「漢方博士検定」が芽生えていますので、ぜひ挑戦してみてください。