アロマテラピー32の基本ガイド ―家庭で使える健康と美容の基本レシピ―

アロマテラピー完全マニュアル【絶版】

医学博士 水嶋 昇 監修
A5判 /240ページ/定価4,000円+税

 病気別症状別に、アロマテラピー(芳香療法)の処方を日本で初めて本格的にまとめ、紹介した本。アロマテラピーに用いる精油の選び方、精油の摂取の仕方(内服/芳香浴/マッサージ/アロマバス)、および精油使用上の注意事項など大切な基本を押さえたうえで、呼吸器系、循環器系、消化器系、泌尿器系などに分けて病気ごとの処方がわかるように編集されています。ニーズの高い項目はキメ細かくアロマテラピーの方法が述べられています。

 例えばかぜの場合なら、のどの痛みに効くうがい用の精油、かぜ気味のときに入るとよいアロマバス、ひきはじめのかぜ用の内服ブレンド、かぜに伴う関節痛を和らげる塗布用オイル、鼻詰まりに効く精油の吸入の仕方などが解説されていますからとても便利。そのほかにも、脚のむくみや肩こり、神経疲労といった現代人を悩ますさまざまな症状に有効なアロマテラピー処方が満載です。

 また、アロマテラピーの世界では期待の大きい美容についても、医学的な根拠に基づく解説が多くのページを割いて行われています。精油や芳香蒸留水を材料にして作るリンス剤やヘアパックのほか、入浴後のボディローション、クレンジングオイル、顔パック用ブレンドなどの作り方も豊富に載っており、自然派の美容法に関心のある女性の方にもお勧めです。巻末に、各精油の特徴成分や特性、使用法について簡潔にまとめてあります。

 いまやアロマテラピー実践者の間ではバイブル的存在になっており、勉強会や研究会のテキストにも多用されている実用書です。

戻る



様々な分野の知識を集約した WEB サイト「知識の杜」がスタートしました。

http://chishikinomori.com/

当社ではこのサイト内の「生活の森」で「銭湯の木」を、「健康の森」のなかで「ア ロマテラピーの木」と「漢方の木」をそれぞれリリースしています。それぞれの木を これから徐々に成長させていきますが、現在は「銭湯博士検定」「アロマテラピー博 士検定」「漢方博士検定」が芽生えていますので、ぜひ挑戦してみてください。