漢方処方生薬図鑑

【銭湯の新刊書籍】

街のお風呂屋さんがどんどん変わっていく。一体、変化の原動力は何か? 銭湯ライターが肌で感じた「隠れた成長産業」の秘密を探る『銭湯革命』

革命の旗手的銭湯26軒を掲載。

「ブルワリーとホテルの併設を目指すスタイリッシュ銭湯」「アメリカ育ちの4代目による湯上がりピザが楽しめる銭湯」「水の魔術師がこだわりの極致で実現した美と健康の銭湯」など

東京都浴場組合の広報宣伝事業を手掛ける株式会社草隆社は、 7月27日、 新刊『銭湯革命』をPOD(プリント・オンデマンド)方式でAmazonと三省堂書店(paypayモール店)から発売する。 本書は同社が運営を委託されている東京都浴場組合の公式ホームページ「東京銭湯」( https://www.1010.or.jp )に掲載された記事を再編集したもの。 一般に「衰退産業」と受け止められている公衆浴場に起きはじめた変化の潮流を、 浴場オーナーの心中とともに様々な角度から伝える。

銭湯に興味を持ち始めた人には、 本書はミシュランガイドのような格好のガイドブックである。 銭湯生活にどっぷりつかっている人にとっては、 新しいネタが見つかるツウの虎の巻となるはずだ。 銭湯経営者にとっては、 さらに上を目指す参考書となるに違いない。 そしてもし、 「銭湯って何?」というレベルの人が偶然の事故で本書に巡り合ったならば、 人生が変わるきっかけになるかもしれない。

 

本書を通して感じるのは、 「成長産業」に切り替わった最大の原因が経営者の若返りにあるらしいということ。 40代、 50代の若手経営者は企業に就職するなどワンクッション別の社会経験を積んだ後に店を継ぐケースが多くなってきた。 つまり、 銭湯の中にずっといたのでは見えない世の中の新しいニーズをとらえ、 それを継いだ店の経営に生かすことによって、 若いユーザーを引き付ける「エキサイティングな空間」を実現した。 また、 昨今のサウナブームを上手に取り入れている銭湯もたくさん紹介されている。

詳細はこちら

 

漢方処方生薬図鑑

POD版漢方処方生薬図鑑を2021年4月1日より発売 
税込4200円

好評をいただきました恵木弘著『漢方処方生薬図鑑』が品切れとなりましたが、オンデマンド(ペーパーバック)で継続発売することになりました。

内容は変更ありません。

ネット販売はアマゾンと楽天ブック、リアル書店販売は三省堂本店です。

 

漢方処方生薬図鑑

新書: 160ページ
ISBN-10: 4915678288
ISBN-13: 978-4915678288
発売日: 2019/3/5

恵木弘著

『健康に生き抜く最高の養生』新発売!(2019/3/5)

健康情報があふれかえる現代、人は効果のある食事や運動について、最新・最先端の知識を知りたがります。研究の成果が実り、今までの人が知らなかった画期的なメソッドはこれまで数多く生まれました。そして同じくらい多くのメソッドが一時のブームで終わってしまいました。なぜでしょうか。

多分語られてきた多くの健康法には、それなりの意味や価値があったのでしょう。しかし、健康法の要素である食事や運動にまつわるものは、ほとんど実践してすぐに効果が感じられるものは少ないのです。一方、人はすぐ効果が現れるものを求めます。このミスマッチが健康ブームの正体といってもいいのかもしれません。

「温故知新」という言葉があるように、新しい知識も過去の知識ベースに根差したものにほかなりません。突拍子もなく現れる知識は胡散臭くて危険なものかもしれません。健康法もまったく同じです。必要な栄養を取り、運動によって健全に代謝し、安定した睡眠をとって体を再生産し続けることが健康、すなわち養生の大原則なのです。

本書ではその大原則を、江戸時代の儒学者で本草学者(今でいう薬理学者)の貝原益軒が残した『養生訓』と照らし合わせながら「現代のあるべき形」を解き明かします。

日本は人生百歳時代に突入し、人々の健康知識のニーズはただの長生きではなく、健やかな長生きとなりました。『養生訓』の教えに基づき、健やかな長生きの秘訣は「自分が住んでいる環境と調和を取ること」であると著者はとらえます。その調和は、伝統的な東洋医学の知識の神髄に触れることで認識が深まります。食と心のあり方の作法を学ぶことによって。

著者について

1959年明治薬科大学卒業。薬剤師。1967年薬局を開設、1971年香港で中医学を学ぶ。 現在、恵心堂漢方研究所長。城西国際大学薬学部非常勤講師、日本東洋医学会会員、港九中医師公会永遠名誉会員、株式会社東洋薬行取締役会長。 全国で医師、薬剤師、一般市民向けの講演活動をしている。 主な著書に『漢方・婦人疾患の治し方』共著:高橋書店、『実践中医学』:新樹社書林、『地道薬材』共著:樹芸書房がある。

 

本書はアマゾンで販売(本体1000円+税)しています。